育毛の方法と薄毛治療

育毛と言うのは、何らかの理由により薄毛になってしまった状態を、これ以上薄毛にならないように治療を行い、更に薄くなってしまった髪の毛を発毛させると言う2つの治療を併せて行う事を意味しています。

 

薄毛には幾つかの症状が有ると言われていますが、最近は若い人でも薄毛で悩む人が増えていると言います。これは男性型脱毛症と呼ばれる症状が多く在るのが特徴で、20代から30代にかけての男性に多く見られる薄毛の症状です。

 

男性型脱毛症の症状と言うのは、生え際部分が徐々に薄くなって額部分がM字の形に薄くなるM字型の薄毛と、頭のてっぺん部分が丸い形になって徐々に薄くなると言うO字型の薄毛の2つの種類が有ります。尚、M字型の薄毛とO字型の薄毛の症状の2つを持つ人もいれば、どちらか片方だけと言う人など様々です。

 

男性型脱毛症の薄毛の原因と言うのは、遺伝子による男性ホルモンの乱れと言います。男性ホルモンが、身体の中にある酵素と結びついてDHTと呼ばれる物質を作り出し、DHTがヘアサイクルの中の成長期を極端に短くしてしまい、薄毛の症状が起きるのが特徴です。

 

尚、男性型脱毛症はDHTだけではなく、生活習慣やストレスなども関係が有ると言われているのです。男性型脱毛症の育毛治療を行うクリニックでは、DHTを阻害する医薬品と、育毛に効果を持つとされる医薬品の2つを併用して育毛治療を進めていきます。

 

最初に男性型脱毛症であるのかどうかを検査するのですが、この検査は遺伝子検査であり、検査結果により男性型脱毛症と言う診断が暮らされた場合は、プロペシアを処方してDHTを阻害し、同時にミノキシジルを処方して育毛治療を進めて行くことになります。尚、治療の方法と言うのは、これらの医薬品を服用したり、塗布する事で行われて行きます。

 

また、最近では様々な方法で育毛治療を行うクリニックも増えているのです。プロペシアやミノキシジルには副作用が有る事からも、これらの医薬品を使わずに、HARG療法と呼ばれる方法で治療を進めていくクリニックも有ります。

 

 

正しい育毛の方法について

 

薄毛に悩む方々にとって、育毛剤と言うのは大切なものであり、出来ればすぐにでも効果を現して欲しいものです。しかし、そう願っていても、ただ単に育毛剤を頭皮に塗布すると言う方法は間違っており、お金の無駄に終わってしまいます。それはなぜかと言うと、薄毛に悩んでいる方々の殆どは、頭皮の毛穴の周りが皮脂で埋まっているからなのです。

 

或いは、頭皮に脂肪の塊があって、頭皮全体が脂肪にフィルム上に覆われている状態になっている方もいます。頭皮や毛穴に皮脂や脂肪等が残ったままでは、折角塗布した育毛剤が毛穴の奥の毛根や、毛細血管に到達することができません。

 

育毛剤と言うのは、毛根や毛細血管に作用することで、有効成分が機能して、血行を促進したり、毛根の活動を活発にすることによって、頭髪を育むようになっているのです。

 

勿論、頭皮に皮脂があると言うことは、生物的に必要だからそこに皮脂を発生させているのですが、皮脂が毛穴に留まった状態でいると、その皮脂や脂肪が酸化してしまい、頭皮や毛穴に炎症などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

従って、頭皮の健康のためには、先ずは毎日シャンプーを使用して、きちんと頭皮を洗い、頭皮や毛穴にある皮脂や脂肪分を取り除くことが大切なのです。

 

シャンプーについても、何でもよいわけではありません。薄毛に悩む人は往々にして、髪の毛が細くなっています。これは、毛根に十分な栄養が行き渡っていないためです。そのような状態の毛髪に、あまり刺激の強いシャンプーを使っては、逆に折角残っている毛髪を傷めることになってしまいます。

 

そこで、育毛のためには頭皮と髪に優しくて、しかし脂肪分や皮脂はきちんと取り除くことができるシャンプーを用いることが大切です。

 

こうして、頭皮や毛穴がきれいになった状態で育毛剤を塗布するのが正しい育毛剤の使用方法です。このような方法を実践すれば、毛穴から育毛剤が染み込んで行って、その奥にある毛根や毛細血管に有効成分を届けることができます。

 

血行を促し、また毛根の活動を活発にさせることによって、髪の毛が育っていくことがだんだんと実感できるようになります。

 

リンク集